ぶたまるXの旅行とグルメのブログ

趣味#旅行#温泉#食べること

創業500年以上、一度は泊まってほしい伊豆・修善寺の旅館【あさば】

f:id:butamarux:20211108125754j:image

以前から、絶対に行ってみたいと思っていた憧れの宿、修善寺【あさば】さんに行ってきました。

日本にわずか11軒しかないルレ・エ・シャトーの加盟宿で、日本を代表する高級旅館です。

本当にとっても贅沢で満足する時間を過ごせました。

 

今回は、実際に宿泊して私が感じた、旅館あさばの魅力をお伝えします。

 

1. 重厚な建築美を感じる建物

f:id:butamarux:20211104161739j:image

まず、門構と入口から500年の歴史を感じます。

入口の暖簾は季節により変わるそうです。


f:id:butamarux:20211104161742j:image

一歩中に入ると、もう別世界です。

清潔感あふれる畳敷きで、こちらでは一日中、靴を履くことなく過ごせます。


f:id:butamarux:20211104161749j:image

太陽の光が差し込む、大きな池のある中庭。

f:id:butamarux:20211104161734j:image

伝統ある立派な能舞台が見えます。

こちらの舞台では年に数回、野村萬斎さんや松本幸四郎さんなど、名だたる有名な方々の能や狂言、舞踊などが、実際に鑑賞できます。


f:id:butamarux:20211104161737j:image

池を覗くと大きい鯉がたくさん。


f:id:butamarux:20211104161754j:image

お土産売り場も、雰囲気があります。


f:id:butamarux:20211104161756j:image

客室へ続く廊下も、絵になります。


f:id:butamarux:20211104161801j:image

夜のロビーはまた一段と綺麗です。


f:id:butamarux:20211104161732j:image

あさばの玄関門。

こちらの門は、明治時代にこちらに移築されたそうで、厳かな歴史を感じます。

あさばさんでは、どこを見ても綺麗で格式の高い雰囲気を感じられます。

 

2. 美しい景色が楽しめるサロン

f:id:butamarux:20211104161358j:image

今回一番気に入った場所が、こちらのサロン

利用時間  6:00〜11:30、14:30〜23:00


f:id:butamarux:20211104161401j:image

サロンでは、ビールやシャンパンなど、お酒もいただけます。

f:id:butamarux:20211104161345j:image

白を基調としたサロン。 とっても素敵です。

アートブックが沢山並んでいます。


f:id:butamarux:20211104161343j:image

コーヒーや紅茶はセルフサービス。

冷水と、常温のお水もあります。


f:id:butamarux:20211104161350j:image

コーヒーカップが温められているところはさすがです。


f:id:butamarux:20211104161356j:image

こちらはサロンの特等席。

素晴らしい庭園が、目一杯見渡せます。

ここに座って、何時間もぼーっとできます。


f:id:butamarux:20211104161337j:image

日が落ちてくると、旅館の方が小舟に乗って、灯籠を浮かべに行きます。


f:id:butamarux:20211104161348j:image

ライトを設置せず、毎日毎日、直接人の力で灯籠をを浮かべに行くのが、またいいです。

f:id:butamarux:20211104161353j:image

夕暮れ時は、一番風情があります。

日常を忘れ、暮れゆく景色をただ眺めながら、珈琲やお酒をいただく贅沢。


f:id:butamarux:20211104161333j:image

夜は能舞台がライトアップされます。

この景色を観れるのは、あさばさんに泊まった方のみ。 なんとも贅沢です。

 

3. 能舞台が眺められる客室

【あさば】さんは、全16室のみの宿です。

f:id:butamarux:20211104161544j:image

今回宿泊したのは、客室風呂がついていない、スタンダードなお部屋。

一間のこじんまりとしたお部屋ですが、結果とっても満足できるお部屋でした。

こちらの客室は能舞台と池に面していてとっても景色がよく、部屋風呂がついていなくても、貸切風呂などの温泉が充実しているからです。


f:id:butamarux:20211104161549j:image

秋の掛け軸。


f:id:butamarux:20211104161555j:image

次の間には、椅子が二脚置かれています。


f:id:butamarux:20211104161601j:image

こちらのお部屋からは、この景色が眺められます。

窓を開けると、川の流れる音が聞こえてきます。

 

f:id:butamarux:20211108113501j:image

夜には、圧倒的な存在感の能舞台が浮かび上がります。 お部屋からこんな景色が見れるのは圧巻です。


f:id:butamarux:20211108113504j:image

左側を見ると滝が流れています。 水の音がまた癒されます。


f:id:butamarux:20211104161537j:image

そして、寝具はふかふかの布団で、ベッドのような分厚いマットレスが敷かれ、寝心地抜群。


f:id:butamarux:20211104161552j:image

館内着は、柄違いの浴衣が一人2着ずつ。

とんぼ柄の浴衣がとても可愛いです。


f:id:butamarux:20211104161540j:image

浴衣とは別で、ガーゼのパジャマも用意されています。

至れり尽くせりで、ゆったりとくつろげました。

 

4. きれいで充実した温泉

内風呂と野天風呂、二つの貸切風呂があります。

内風呂

利用時間  14:30〜24:00 、 5:00〜10:00

f:id:butamarux:20211104161147j:image

こちらは女性の内風呂。

こじんまりとしていますが、時間帯によってはほぼ貸切で入れます。

とろとろの温泉で、お湯は熱すぎず、ついつい長風呂してしまう気持ちいいお風呂でした。

 

f:id:butamarux:20211108115916j:image

脱衣所も、いつ行っても綺麗に保たれていました。 その都度お掃除がなされ、宿泊されている方も皆さん綺麗に使われているからだと思います。


f:id:butamarux:20211104161201j:image

タオル類も、毎回棚にきっちり備えられていたので、清掃がとても行き届いていました。

浴場が清潔なのは私にとっては、とても大事なポイントです。

 

貸切風呂

貸切風呂は二つあり、14:30〜22:00まで空いていればいつでも入れます。

f:id:butamarux:20211108115123j:image

わざわざ予約などしなくても、好きな時間に好きなだけ入れるのが、とってもいい所です。

こちらでは、ほとんどの部屋にお風呂がついているので、貸切風呂はどの時間帯にいっても、ほとんど空いていて入れました。

 

ー貸切風呂1
f:id:butamarux:20211104161158j:image

ー貸切風呂2
f:id:butamarux:20211104161156j:image

どちらも二つの洗い場付きで、大人二人でも充分入れる湯船でした。

窓からのそよ風も気持ちいいです。

 

f:id:butamarux:20211108115644j:image
f:id:butamarux:20211108115648j:image

貸切風呂にも、タオルやアメニティが完備されているので、いつでも手ぶらで入れます。

 

野天風呂

野天風呂は、男女入れ替え制です。

男性 14:30〜17:00、22:00〜24:00、7:30〜22:00 

女性 17:00〜22:00、6:00〜7:30f:id:butamarux:20211104161145j:image

野天風呂は、緑と池を眺めながら、ゆっくりと入れます。

朝と夜、ぜひどちらも入ってほしいです。

男女入れ替え制ですが、こちらもいつ行っても綺麗でした。


f:id:butamarux:20211104161152j:image

秋の少し肌寒い日に訪れたのですが、バスタオルはタオルウォーマーに。

とってもふかふかで暖かく、このような細かな心遣いが、あさばさんの魅力だと思います。


f:id:butamarux:20211104161139j:image

夜の野天風呂の様子。

竹林もライトアップされていて、とても綺麗でした。

滞在中、4種類の温泉を何度も楽しむことができます。

 

5. 季節を感じる美味しいお料理

あさばさんが人気の宿の理由の一つは、とても美味しいお料理がいただけることです。

こちらでは、夜も朝も部屋食となり、周りを気にすることなく、お部屋でゆっくりいただけます。

 

夕食

▼献立

f:id:butamarux:20211104160942j:image

 

▼菊の祝い酒
f:id:butamarux:20211104160947j:image

見た目も可愛い菊のお酒から始まります。

 

▼津蟹の茶碗蒸し
f:id:butamarux:20211104160905j:image

津蟹と蟹味噌が美味しい一品目。

期待が広がります。

 

▼百合根衣揚げ、黒豚西京焼
f:id:butamarux:20211104160855j:image

 

▼烏賊、地魚、いくらの小丼
f:id:butamarux:20211104160910j:image

 

▼ひげ鱈の椀もの
f:id:butamarux:20211104160932j:image

 

▼地きんめ炭火焼
f:id:butamarux:20211104160914j:image

きんめは、炭火に載せた状態で提供されます。


f:id:butamarux:20211104160935j:image

衣のパリパリ感と、脂の乗ったきんめが最高。

添えられたおろしが、また美味でした。

 

▼雲子 焼大根 菊菜あん
f:id:butamarux:20211104160900j:image

上に乗っているのは鱈の白子を揚げたものですが、こちらが絶品でした。 見た目も綺麗です。

 

▼蓮芋 三葉 山葵酢
f:id:butamarux:20211104160927j:image

 

▼大中寿芋
f:id:butamarux:20211104160903j:image

里芋のように見えますが、味は焼き芋みたいにすごく甘くてびっくりしました。

 

▼天城軍鶏釜ごはん
f:id:butamarux:20211104160950j:image

こちらの釜ごはんが美味しくて、何杯もおかわりしました。

f:id:butamarux:20211104160937j:image

 

デザートは、3品から選べました。

▼ブラマンジェ
f:id:butamarux:20211104160940j:image

▼くずきり
f:id:butamarux:20211104160916j:image

こちらの、くずきりが美味しかったです。

 

▼最後にアイス
f:id:butamarux:20211104160929j:image

 

f:id:butamarux:20211108132243j:image

食事を食べ終えた頃にはすっかり日が暮れていました。 この景色を見ながら、夕食をいただきました。

 

朝食

f:id:butamarux:20211104160908j:image

朝から盛りだくさんの朝食。

まず、お米がとっても美味しく、山葵と鰹節を載せたわさびご飯が絶品でした。

f:id:butamarux:20211108125031j:image

椎茸は、炭火で焼いていただきます。

f:id:butamarux:20211104160922j:image

だし巻き卵は甘くてとっても美味しかったです。

大きいアジの開きも、温かい状態で提供されます。


f:id:butamarux:20211104160924j:image
f:id:butamarux:20211104160945j:image

朝のデザートも、柿と汁粉の2品。

朝からお腹いっぱいになりました。

 

6. 感想

f:id:butamarux:20211108151216j:image

【あさば】さんは、一部屋10万を超えるお宿でしたが、期待を上回る満足度の高いお宿でした。

細かい気配りが行き届いていて、こちらではゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができました。

どこか別世界に迷いこんだような、日本の伝統美を感じる、大人の高級旅館です。

次は舞台鑑賞のできる日に、またお伺いしたいです。

 

f:id:butamarux:20211104161900j:image

あさば (ASABA)

チェックイン    14:30

チェックアウト 11:30

総部屋数:16室

アクセス:修善寺駅からタクシーで約7分

静岡県伊豆市修善寺3450-1
TEL:0558-72-7000